営業時間:10:00〜20:00【駒込駅3分】出張・訪問有

肩の痛みや五十肩四十肩の原因と症状の解決法・治療法・予防法をフィジカルコーディネートセンターがご紹介します。

オーダーメイド枕の作成始めました!

四十肩五十肩のしびれは神経症状?手の痺れの対処法

 
四十肩五十肩のしびれは神経症状?手の痺れの対処法
この記事を書いている人 - WRITER -
フィジカルコーディネートセンター
東京駒込の治療院です。肩の痛み・五十肩・四十肩は当院の2番目に多い症状です。困っている方の力になりたい!一心で、2つ以上の国家資格を取得した真心のこもったスタッフが、効果の実感できる医療サービスを提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

中高年者に多い四十肩・五十肩の症状の一つとして、

「シビレ」があります。

 

痺れがあると、

神経がおかしくなっちゃったかも!?

四十肩・五十肩の患者さん

と心配される人もいらっしゃいますが、

果たして、四十肩・五十肩で神経症状は出るのでしょうか?

 

四十肩・五十肩の症状について、

詳しく解説して行きます。

 

四十肩・五十肩の症状の初期症状は痺れが出る事もある

四十肩・五十肩の症状の初期症状は痺れが出る事もある

 

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれ

名前の通り「肩の関節」の「周り(周囲)」に「炎症が起こる」病気です。

 

そのため、発症年齢の違いによって

  • 40歳代:四十肩
  • 50歳代:五十肩

と一般的には言われていますが、

実はどちらも同じ原因・症状なんです

 

こんな症状があったら発症のサインかも!?

こんな症状があったら発症のサインかも!?

 

肩関節周囲炎(別名:四十肩・五十肩)は、

肩の関節に炎症が起こる事で

  • 関節が動かしにくくなる
  • 痛みが出る

事が主な症状です。

 

最近では当院でも20代や30代なのに四十肩・五十肩の治療をする人がいらっしゃり、

年齢に関係なく根本的な解決をする必要があると常々感じています。

 

発症の時期と症状に分けられる四十肩・五十肩の分類

 

四十肩・五十肩は、

発症の時期や症状によって

  • 急性期
  • 慢性期

の二つに大きく分けられます。

 

急性期

四十肩・五十肩の急性期

 

発症してすぐの急性期は非常に強い痛みが起こる事が特徴で、

人によっては、痛みで寝れない(夜間痛になる)人もいらっしゃいます。

 

シビレが起こるのは、この四十肩・五十肩の発症前後が多く

約2週間程度は、痛みと痺れが強い状態が続くと言われています。

 

痛みは時間の経過と共にが和らいでくる事が多いため、

病院や治療院を受診せずにそのまま我慢して過ごしてしまう人もいらっしゃいますが、

多くの場合は痛みが引いてきた後

長い長いリハビリ生活に悩む事になります

 

慢性期

四十肩・五十肩の慢性期

 

痛みの強い急性期を過ぎると慢性期になります。

 

慢性期が急性期と大きく違う点
  • 痛みの性質が変わる
  • 関節が固まって動かない

 

 

【肩の痛み】

発症してすぐの急性期は比較的鋭く強い痛みを感じる事が多いですが、

慢性期になると鈍い・重い痛み(鈍痛)のように痛みを感じる事が多いです。

 

【関節が固まって動かない】

急性期の間、肩を動かさずにかばっていた事から、

関節が固まってしまい、肩が動かしづらい日々が続きます

 

この関節の固まり具合によって、

四十肩・五十肩の治りの早さが大きく変わります。

 

そのため、肩の症状と経過を適切に見抜いて、

関節が固まらないように無理のない範囲から動かす治療をしていく事が

四十肩・五十肩の後遺症に長く悩まないで済むきっかけになります

 

四十肩・五十肩が治るには、結構長い期間が必要

四十肩・五十肩が治るには、結構長い期間が必要

 

四十肩・五十肩は身近な肩の病気だからと言って、

軽く考えていませんか?

 

小林製薬の調査では「四十肩・五十肩の67%の人が1年以上悩んでいる」事がわかっており、

アメリカのKerlan-Jobe整形外科クリニック研究では、

平均約7年後にも半数の患者に何らかの痛みや可動域制限が存在していた

と報告しています。

 

四十肩・五十肩の悪化を防ぎ、

後遺症を予防するためには、四十肩・五十肩に精通する治療院で、

無理なく、早めに治療に取り組みましょう。

 

四十肩・五十肩は、原因がわからない時につけられる病名

四十肩・五十肩は、原因がわからない時につけられる病名

 

実は、四十肩・五十肩の発生原因は

はっきりと解明されていません

 

年齢による物とも言われていますが、

20代や30代でなる人もいれば、60代以降でなる人もいます。

 

そのため、一般的には、

「年齢に伴う筋肉や関節の変化によって肩に負担がかかり、炎症や痛みが起こる」

と言われていますが、

一概に、年齢による原因だけではありません

 

四十肩・五十肩になりやすい人

 

年齢による関節・筋肉の変化は四十肩・五十肩になる要因の一つではありますが、

そのほかにも、

  • 生活習慣
  • ストレス
  • 運動不足

などといった、日々の生活も引き金になっていると、

日々、四十肩・五十肩の人の治療をさせて頂いている中で感じています。

 

四十肩・五十肩のチェックと予防方法

四十肩・五十肩のチェックと予防方法

 

四十肩・五十肩は突然痛みに襲われるのではなく、

日々の生活の中から徐々に進行し、

最終的に肩の負担が限界値になった時に炎症が生じて

痛みやしびれなどの症状に繋がる事が多いです

 

そのため、普段の生活の中から予防する事が可能で、

全身を伸ばすストレッチや運動などを習慣化するだけで、

四十肩・五十肩の発生率を下げる事が可能です。

 

無理なくできる範囲から毎日続ける事を目標に、

四十肩・五十肩の維持・改善と予防を心がけて行きましょう。

 

四十肩・五十肩のセルフチェック

四十肩・五十肩のセルフチェック

 

四十肩・五十肩になった人のよくある訴えは、

  • 腕が上げられない
  • 洗濯物が干せない
  • 高い所にある物を取れない
  • 頭や体を洗うのが大変
  • 着替えがしにくい
  • 腕を後ろに回せない
  • 腕を動かした時に肩が痛い

などです。

 

上記に当てはまる物があった場合は、

四十肩・五十肩の予備軍かもしれません。

 

これらの訴えは、大きく2つの肩の動き

  • 結帯動作
  • 結髪動作

と言われます。

 

結帯動作

腕を後ろに回して、「帯」を「閉める」動きです。

結髪動作

腕を上げて「髪の毛」を「結ぶ」動きです。

 

この「結帯動作」「結髪動作」は

四十肩・五十肩になると一番動かしにくくなる動きで、

リハビリでも改善するのにとても時間がかかる関節の動きです

 

そのため、

この2つの動きが出来なくなってきた時は早めに肩の治療院で治療をして、

四十肩・五十肩の予防をする事がオススメです。

 

オススメの運動方法・ストレッチ方法【振り子体操】

 

既に四十肩・五十肩になられている人も、

前兆・予兆がありそうな人でも取り組める、

一番無理がなくオーソドックスに出来る運動が「振り子体操」です。

 

アイロン体操と言われたりもしますが、

正式名称は「コッドマン体操」と言います。

Frozen shoulder exercises – Pendulum Exercises

 

病院でも最初に指導される肩のリハビリ方法で、

肩の負担が少なく関節の運動ができる一番安全な方法になります。

 

コッドマン体操のコツは、

  • 体は前傾姿勢
  • 片方の手で体を支える
  • 動かす腕は、完全に脱力する
  • 体の反動を使って腕が勝手に振られる

状態で行う事が大切です。

 

また、慣れてきたら少しずつ重りを使って負荷量を増やして行くと良いでしょう。

ペットボトルに水を入れた物を使うと良いと思います。

 

もし、トレーニング要素を入れたい場合は、

ペットボトルだと2kgの重さが限界なので、

ダンベルなどを使うと良いでしょう。

 

痛みを感じたら、早めの痛み対策を

痛みを感じたら、早めの痛み対策を

 

痛みは1次痛と2次痛に分けられます

 

1次痛はその名の通り「一時的な」痛みですが、

それが長く続いてしまうと2次痛に移行してしまいます。

 

二次痛はいわゆる「慢性痛」と言われ、

適切な治療を行わないとなかなか治りにくい痛みになってしまいます。

 

痛み止めや湿布をずっと服用したまま我慢している人も多いですが、

筋肉や関節の正しい使い方をマスターすれば自然に痛みも引きやすくなり

服薬の量や頻度も減りやすいため、

肩の悩みは肩専門の治療院で適切な治療を行って行きましょう。

 

四十肩・五十肩のシビレは神経のケガや病気ではない事が多い

 

体が痺れる原因は様々ですが、

  • 神経のケガや病気
  • 血行障害

の場合だけでなく、

「体が感じている痛み」と「脳が感じている痛み」が違う場合にも起こります

 

四十肩・五十肩のシビレは体と脳の感覚の不一致の場合が多い

四十肩・五十肩のシビレは体と脳の感覚の不一致の場合が多い

 

特に四十肩・五十肩の場合は急性期の非常に強い痛みによって、

体と脳の感覚の不一致がシビレとして表現される場合があります

 

急性期の体と脳の不一致がによるシビレが続いてしまうと、

慢性期でもシビれているように感じてしまう事もあります。

 

神経症状の種類

神経症状の種類

 

神経のケガや病気の場合は、

神経の走行に沿って主に3つの神経症状が出ます。

  • 感覚低下・感覚異常
  • 運動麻痺
  • 血行障害

 

神経の走行は、脳の神経、脊髄の神経、抹消神経によって症状が違うため、

肩の神経症状が疑われる時は一度肩の専門家に判断をしてもらいましょう。

 

四十肩・五十肩のシビレと神経のケガ・病気による痺れの見分けかた

 

四十肩・五十肩で見られるシビレのように、

「体の感覚と脳の感覚の不一致」によるシビレの場合は、

なんとなくこの辺が「全体的」に痛い!

四十肩・五十肩の患者さん

と表現される事が多いです。

 

神経のケガや病気の場合は、

「ここからここ」がが痛い!

四十肩・五十肩の患者さん

と、正常な部分と神経症状が出ている部分をハッキリ区別して表現される事が多いです。

 

そのため、

ご自身のシビレの状態がどちらに当てはまるのか?を再度確認頂いて、

落ち着いて、客観的に痺れの症状を判断していきましょう。

 

四十肩・五十肩の診断とリハビリ

四十肩・五十肩の診断とリハビリ

 

病院では、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の診断に至るまでに、

  • レントゲン
  • MRI
  • 関節造影
  • エコー(超音波)

などの検査を行います。

 

これらの検査でも主な原因が見つけられなかった場合に

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と診断されます

 

画像診断では原因がわからない、

  • 筋肉や関節の使い方
  • 姿勢による影響

などの原因が考えられるため、

その改善をするためにリハビリを行う事になります。

 

急性期のリハビリ

急性期のリハビリ

 

痛みが強い時期なので、

医師の痛み止めと合わせて、

関節の炎症を防ぎながら関節が固まってしまう事を防ぎます

 

痛みや炎症を和らげるのは鍼灸治療が有効な場合も多いため

服薬と鍼灸と運動を合わせて行う事が効果的です

 

ただし、鍼灸を運動を一緒にリハビリできる病院はあまりないので、

鍼灸と運動を融合させて行っている治療院で治療を行っていくと、

早く症状が改善していく可能性が高まります。

 

慢性期のリハビリ

慢性期のリハビリ

 

痛みが和らいできた慢性期は、

今までかばって固まってしまった関節の可動域を

積極的に広げる運動療法を行っていきます

 

スムーズな肩の動きと強い筋肉の力を再獲得して

再度四十肩・五十肩悩まないで済むような体作りを行います

 

リハビリの最終的な目標は、

お仕事やスポーツの復帰です。

 

お仕事の特性やスポーツの特性を踏まえた上で、

復帰に向けた治療・トレーニングプランを立てて、

二人三脚で復帰を目指したリハビリを行っていきます。

 

昔のスポーツのケガが四十肩・五十肩の原因になる事も

昔のスポーツのケガが四十肩・五十肩の原因になる事も

 

過去にスポーツで肩にケガをした事がある人も

四十肩・五十肩になりやすくなるため注意が必要です

 

肩を大きく動かす

  • 野球
  • テニス
  • 水泳
  • ゴルフ

などの時に肩を痛めた事やケガをした事はありませんか?

 

細かな負担や微細な損傷の蓄積によって

肩に知らず知らずのうちに四十肩・五十肩になるリスクが上がっているので、

身に覚えがある人は早めに肩の治療院に行って未然に悪化を防ぎましょう。

 

腱板断裂と四十肩五十肩を区別しよう

腱板断裂と四十肩五十肩を区別しよう

 

肩を大きく動かすスポーツで肩を痛めた事がある人は

腱板と言われる「肩の関節をスムーズに動かすインナーマッスル」が傷ついている場合があります

 

四十肩・五十肩は肩の炎症が主な症状のため、

2週間程で炎症が治れば症状も和らいできますが、

元々腱板損傷をしている人はそもそも肩の筋肉が傷ついているので、

2週間以上炎症が長引きやすく、

症状が引きにくい事があります。

 

また、腱板損傷特有の、

肩を動かした時の「ジョリジョリ音」は

筋肉や関節がスレている音なので、

そのような音がしている場合は肩の専門院で正確にみてもらいましょう。

 

四十肩・五十肩以外の肩の痛みや腕のしびれ

 

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

 

  • 首が回らない
  • 肩が痛い
  • 首が凝る
  • 腕がだるい

などの症状が特徴です。

 

長時間同じ姿勢を取っている事で神経や筋肉が疲労し、発症すると言われています

 

このような症状の人は、

首への鍼灸治療が効きやすい事が多いです。

 

頚椎症(けいついしょう)

頚椎症(けいついしょう)

 

上下の首の骨を繋いでいる関節や椎間板が歪んだり変形する事によって

痛みや首の回りにくさに繋がってしまう病気です

 

そのため、「変形性頸椎症」とも言われます。

 

首の関節の間を通っている神経が圧迫を受けたりすると、

その神経が関わる部分に神経症状が出てしまいます。

 

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニア

 

首の骨と骨の間にあるクッションである椎間板が後ろにずれてしまう・飛び出してしまう事で神経を圧迫してしまう病気です

 

圧迫された神経の走行に沿った神経症状が特徴で、

痛みや痺れ、火照りや冷感などの神経症状が出ます。

 

頚椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

頚椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

 

首の骨の一番後ろにあって、上下の首の骨を繋いでいる靭帯(後縦靭帯)が骨になってしまう病気です

 

関節の動かしにくさや痛み、神経症状が出る事も多く、

少しずつ進行してしまう病気です。

 

関節の可動域をできるだけ保ち、

首の負担を極力少なくした体づくりを必要とします。

 

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

 

首から出た神経の束が腕に行くまでの間に圧迫を受けてしまう事で

首・肩・腕の痺れや痛みが起こる病気です

 

なで肩の姿勢の人は、

首から出る神経や血管が圧迫されやすいため注意が必要です。

 

電車のつり革を掴んだり

洗濯物を干すなどの腕をあげる動作をするときに神経症状が悪化しやすい傾向があります

 

緊張性頭痛

緊張性頭痛

 

デスクワークなどの同じ姿勢が長時間続く身体的なストレスや

精神的なストレスが原因となって起こる頭痛は緊張性頭痛と言われます

 

首や肩、顎の筋肉が緊張する事から、締め付けられるような頭痛が特徴です。

 

筋肉のコリや頭痛の痛みが肩の痛みとして感じる事もあります。

 

更年期障害

更年期障害

 

閉経前後のそれぞれ5年、

合計10年の間に起こる体の変化(めまい、のぼせ、ほてり、頭痛、イライラ、不安感など)は

更年期障害と呼ばれます

 

更年期障害による精神的な変化や身体的な変化が、

肩の痛みやコリに繋がる事も多いと言われています。

 

狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞

 

心臓に影響を送る血管が細くなったり詰まったりして、

心臓の筋肉が上手く動かなくなってしまう狭心症や心筋梗塞でも、

肩の痛みが出る事があります。

 

狭心症や心筋梗塞の場合の肩の痛みは

肩だけの痛みではなく、首や腕、背中や胸など広範囲に渡る事が多く

肩を動かす時も動かさない時も痛む事が特徴です

 

また、

心拍数が上がって心臓に負担がかかった時に肩が痛む事も多く、

激しい胸痛や冷や汗、呼吸が苦しくなるなどの症状が一緒に見られる場合は

早急に内科や循環器科のある病院に受診しましょう

 

当院をご利用されている肩の痛み・四十肩五十肩をお持ちの人からよく伺うQ&A

 

どのくらいで治りますか?

五十肩四十肩の患者さん

四十肩・五十肩の症状で病院に半年通っている人でも、

平均、3ヶ月ほとで日常生活に問題がない程度まで回復する事が多いです

肩の専門治療院

 

どんな治療をするんですか?

五十肩四十肩の患者さん

運動療法、徒手療法、鍼灸療法を中心に、

お一人お一人の症状や原因に合わせて各治療法を組み合わせて治療を行なっていきます。

肩の専門治療院

 

どんな流れで治療を行うんですか?

五十肩四十肩の患者さん

お医者さんが病気の診断と処方をするのと同じように、

私たちは体の動きから原因を判断させて頂いて、

その評価結果に基づいて各治療法を個人個人の体に合わせて組み合わせてて提供させて頂いております

肩の専門治療院

 

放っておいても治りますか?

五十肩四十肩の患者さん

そのような人もいますが、必ずしも治るとは限りません。

多くの人は関節が固まってしまうので

早めに受診して関節が固まらないようにすると

後遺症も少なく、治りも早くなりやすい傾向はあります

肩の専門治療院

 

たくさん動かせば早く治りますか?

五十肩四十肩の患者さん

動かして良いタイミングは

痛みの時期・経過・種類と関節の動きや固まり具合などから総合的に判断されます

特に炎症が強い急性期の場合は動かすと逆効果になる場合があるので、

肩の治療院で専門家に見てもらいましょう。

肩の専門治療院

 

スポーツ復帰はできますか?

五十肩四十肩の患者さん

多くの場合はできます。

ただし、競技の特性やプレースタイルに合わせて

全身的な筋肉や関節の使い方・バランスを再獲得する必要があります

細かくフォームチェックやプレーの分析をさせて頂き、

今まで以上に競技能力が高くなって復帰する事を目指して、

治療だけでなくトレーニングも含めて行なっていきます

肩の専門治療院

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フィジカルコーディネートセンター
東京駒込の治療院です。肩の痛み・五十肩・四十肩は当院の2番目に多い症状です。困っている方の力になりたい!一心で、2つ以上の国家資格を取得した真心のこもったスタッフが、効果の実感できる医療サービスを提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

アクセス

【住 所】
〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-56-12 グランドルチェ駒込1階

【最寄駅】
JR山手線:駒込駅 北口 徒歩5分
東京メトロ南北線:駒込駅 5番出口 徒歩3分

【営業時間】
10:00〜20:00(定休日:日曜日)

 

予約空き情報


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 肩の痛みと五十肩四十肩の治療院 , 2018 All Rights Reserved.